歯のメンテナンスが必要

歯磨きの方法を教わる

虫歯や歯周病の治療だけでなく、メンテナンスも歯医者で行えます。
ですからまだ不具合が生じていなくても、定期的に歯医者を利用してください。
まずは、口内環境が綺麗なのか判断してもらいましょう。
汚れが残っていたら、普段の歯磨きが正しくできていないことが原因だと考えられます。
ずっと同じような歯磨きを続けていても病気の予防にならないので、この機会に正しい歯磨きを教わってください。

医師から歯ブラシの持ち方や歯ブラシの角度など、細かいことを教わることで、汚れをしっかり落とせます。
歯磨きを、やったつもりにならないでください。
3か月に1回は、歯のメンテナンスを受けましょう。
健康を維持するために必要なので、忙しい人も時間を見つけてください。

専用の機器を使う

クリーニングを受けられるというのが、歯医者でメンテナンスを行うメリットです。
歯医者でしか使えない専用の機器を使うので、こびりついた汚れでも落とせます。
歯磨きが不足していると、汚れが歯垢や歯石といった存在に変わってしまいます。
それらは歯ブラシで落とすのが難しく、歯医者でメンテナンスを受けないと、口内にどんどん溜まり虫歯や歯周病の原因になります。

さらに、仕上げにフッ素を塗ってもらえる歯医者を利用しましょう。
フッ素は汚れがつかないよう歯をコーティングする能力があり、虫歯や歯周病の予防に大きな効果を発揮します。
歯磨き粉にもフッ素が含まれた製品がたくさん登場していますが、歯医者で直接塗った方が大きな効果を得られます。


この記事をシェアする